諦めない気持ちと人との出会いが、「7本指のピアニスト」を成功へ導く

東京2020パラリンピックの閉会式で『この素晴らしき世界』を演奏し喝采を博した、西川悟平。ピアノのスタートは15歳と遅かったものの、若くしてカーネギーホールなどで称賛を浴びてきた。ところが難病、局所性ジストニアを罹患し絶望の淵に。そこから『7本指のピアニスト』として復活し世界で活躍するまでには多くの出会いがあったという。

文・油井なおみ

 

西川 悟平(ピアニスト)

15歳でピアノをはじめ
25歳でカーネギーホールへ

西川悟平がピアノと出合ったのは、プロのピアニストとしてはかなり遅い。

「入っていたブラスバンド部の顧問の先生が好きすぎて、音楽大学に入れば先生の後輩になれると思って」

そんな少々不純な動機も入り混じってピアノを始めたのは中学3年生の1月。15歳でのスタートだった。

しかし、ピアノの魅力にとりつかれるまで、そう時間はかからなかった。高校生になると音大のピアノ科に進学すると宣言するようになる。

「全員に『無理だ』と言われました。ピアノをはじめるには年齢的に遅すぎましたから。でもね、僕はこれまで言ったことがすべて叶っているんです」

昼夜を問わず練習し、17歳でニューフィルハーモニー管弦楽団と共演。大阪音楽大学の短大への進学も果たす。

「ただ、短大から四年制大学に編入するつもりで頑張ったんですが、3年連続で編入試験に落ちて。でもその失敗があったからこそ今があるんですね」

編入が叶わず、大阪のデパートにある和菓子屋に就職。しかし、継続して、ピアノの練習や語学の勉強にも励んだ。

そんな西川に、自宅のピアノを調律しに来た調律師が突然、「世界中で演奏活動しているジュリアード音楽院出身のデュオピアニストのコンサートで前座をやらないか」と声をかけてきた。

だが、社会人1年目。繁忙期とも重なり、「時間がない」と断ったという。

「そしたら、『ないのは時間じゃなくて自信やろ』と言われたんです。そんなことを言われたらやるしかないですよね(笑)。でも実際は図星。前日は緊張による嘔吐で病院に運ばれたくらい。当日も緊張でミスを連発してしまって楽屋で泣いていたんです。すると、これから弾くはずのピアニストのデイヴィッド・ブラッドショー先生が入ってきて、『ユニークなショパンだった』と。ミスはあったけれど、情熱が伝わったと言ってくれたんです。そこで、君が本当にやりたいことは何だと聞かれたのです」

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り80%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。