利用無料・AIで入居者マッチング 次世代のコワーキングスペース

オランダ発のコワーキングスペース「Seats2meet」は、利用無料とAIによる知識・スキルのマッチングという事業モデルで、世界中で拠点数を増やしている。コワーキングスペースからイノベーションを生み出す方法とは。

レンネケ・バン・ロッサム(Seats2meet共同経営者兼国際開発部長)

専用の個室スペースを持たず、仕切りのない空間でデスクや会議室を共有するコワーキングスペースは、フリーランサーや起業家の人気が高く、世界および日本で市場が拡大している。オフィス運営会社や不動産会社だけでなく、インキュベーション組織や自治体が起業家支援のために設置したり、大手企業が新事業創出のために設置したりする事例も多い。

多様な人材が集まるコワーキングスペースはオープンイノベーションに適していると言われるが、実際には、共創を実現するのは簡単ではない。イベントやワークショップを連日開催したり、入居者を繋ぐコーディネーターを配置したりするコワーキングスペースもあるが、こうした取り組みは運営側に大きな負荷をかける。

コワーキングスペースから効率良くイノベーションを生み出すにはどうすれば良いか。そのヒントになりそうな事例が、オランダ発のコワーキングスペース「Seats2meet(以下S2M)」である。ポイントは大きく2つ。無料化とAIマッチングだ。

Seats2meetはコワーキングスペースの無料化で多数のユーザーを集めている

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。