2017年9月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

新規事業 成功のポイント

ヤマハに学ぶ「アワード」をイノベーションに繋げる手法

月刊事業構想 編集部

0
​ ​ ​

オープンイノベーションの手法のひとつとして「アワード」に注目が集まっている。アワードは関係人口を増やし、共感や社会との接点をつくるためのエンジンだ。これを主催側企業のイノベーションに繋げるには、どのような設計が必要なのだろうか。

オープンイノベーションの手法として「アワード」の人気が高まっている(YouFab Global Creative Awardsの模様)

企業や個人の優れた製品・サービスのアイデアを表彰する「アワード」の開催が、日本の大企業でブームだ。社外・業界外から多彩な人材を巻き込み、革新的アイデアや共感を集めることができるアワードだが、それを主催側企業のイノベーションに結びつけるには綿密な設計が必要になる。ヤマハとロフトワークの取り組みから、アワード実施のポイントを探る。

アワードは社外・業界外から多彩な人材を巻き込み、革新的アイデアや共感を集めることができる(YouFab Global Creative Awardsの入賞作品)

目的とテーマの定義が肝心

松井 創 ロフトワークプロデューサー

多数のアワードの企画実施に携わってきたロフトワークの松井創プロデューサーは、「アワードには3つの期待される効果があります」と述べる。

1つ目は『価値の発見』で、新規事業につながる新しいアイデアや才能と出会えること。アクセラレータープログラムやコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)と組み合わせることで相乗効果が生まれる。2つ目は『価値の検証』。製品や技術の仮説検証や、まだ発見されていない用途を見出すことに活用できる。そして3つ目は『価値の発信』であり、製品や技術のブランディングやプロモーションの機能だ。

残り72%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる