社会課題からファッションを発想 授乳服メーカー「モーハウス」

いつでもどこでも誰の目も気にせず授乳できる、オリジナルな授乳服を開発・販売する授乳服ブランド『モーハウス』。代表の光畑由佳氏は、授乳服を機能服と捉え、活用を広めることで、内向きになりがちな子育て中の女性のマインドの変革を図ってきた。

授乳中でもどの角度からも肌が見えないモーハウスの授乳服

社会と繋がるための授乳服

光畑由佳氏が『モーハウス』を立ち上げたきっかけは、自身の子育て経験にある。生後一カ月の子どもを連れ、都内へ向かう電車に乗った時のことだ。子どもが急に泣き出し、あらゆる手段を使ってあやすも一向に泣き止まず、周囲が注目するなか授乳せざるをえなかった。

「とてもインパクトのある経験だったのと同時に、授乳中の女性が外に出ることのハードルの高さに気づきました。授乳がラクになれば、ママの行動範囲は広がり、子育てはもっと楽しくなると考えたのです」

光畑氏が発想したのは、いつでもどこでも肌を見せることなく授乳できる機能的な授乳服。"授乳服"という言葉自体がなかった当時、〈子育て中の女性が社会と繋がるためのツール〉としての授乳服の発想は、極めて先進的だったと言える。

どこに子どもを連れていっても大丈夫という自信がつけば、外出への障壁は一気に下がる。光畑氏は、機能的な授乳服一つで子育てがグッとラクになることを、自身、実感している。しかし、世の中のママの多くが、"子どもが出来たらお母さんは我慢するもの"といった自己犠牲的な子育てマインドを持ちがちだ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。