2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

サロンスピーチ

GDP600兆円に向けた、アベノミクス第2ステージと財政

岡本 直之(財務省大臣官房審議官)

0
​ ​ ​

“一億総活躍社会の実現”を目指し、新3本の矢を掲げる安倍政権。一定の成果を上げた旧3本の矢から変わらず根底に流れる思想は、強い経済の構築。GDP600兆円に向けた成長戦略のカギは、イノベーションによる新市場の創出だ。

成長と分配の好循環を生み出す

〈大胆な金融政策〉、〈機動的な財政政策〉、〈民間投資を喚起する成長戦略〉を「3本の矢」として掲げたアベノミクスは、株価の上昇、雇用状況の改善、企業収益の増加といった一定の成果を上げた。しかし、民間の動きはいまだ力強さを欠いているのが実情だ。続くアベノミクス第2ステージでは、政府は「新3本の矢」として〈希望を生み出す強い経済〉、〈夢をつむぐ子育て支援〉、〈安心につながる社会保障〉を掲げ、“一億総活躍社会”を目指している。

「原型となる3本の矢から表現は変わっても、考え方は変わっていません。一億総活躍で経済を強くし、その税収で育児や介護など弱い所を補い、成長と分配の好循環を生み出す。非常に健全な発想だと思います。問題は、肝心の経済が順調にいくかどうか」と指摘するのは、財務省大臣官房審議官の岡本直之氏。

残り78%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる