GDP600兆円に向けた、アベノミクス第2ステージと財政

“一億総活躍社会の実現”を目指し、新3本の矢を掲げる安倍政権。一定の成果を上げた旧3本の矢から変わらず根底に流れる思想は、強い経済の構築。GDP600兆円に向けた成長戦略のカギは、イノベーションによる新市場の創出だ。

成長と分配の好循環を生み出す

〈大胆な金融政策〉、〈機動的な財政政策〉、〈民間投資を喚起する成長戦略〉を「3本の矢」として掲げたアベノミクスは、株価の上昇、雇用状況の改善、企業収益の増加といった一定の成果を上げた。しかし、民間の動きはいまだ力強さを欠いているのが実情だ。続くアベノミクス第2ステージでは、政府は「新3本の矢」として〈希望を生み出す強い経済〉、〈夢をつむぐ子育て支援〉、〈安心につながる社会保障〉を掲げ、“一億総活躍社会”を目指している。

「原型となる3本の矢から表現は変わっても、考え方は変わっていません。一億総活躍で経済を強くし、その税収で育児や介護など弱い所を補い、成長と分配の好循環を生み出す。非常に健全な発想だと思います。問題は、肝心の経済が順調にいくかどうか」と指摘するのは、財務省大臣官房審議官の岡本直之氏。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り79%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。