新たな事業の種を探すビッグデータの活用

11月下旬、都内にてビッグデータ活用のセミナーが開催された。主催の事業構想研究所は、社会に必要な事業の種を探し、新規事業創出など事業構想に関わるセミナー、プロジェクト研究を行う。

新たなビジネスチャンスのヒントとなる、国内外の最先端情報が展開された。企業の経営者、新規事業担当者など80名超の方々が参加し、会場は熱気にあふれた

社会変化が速い今、企業に求められるのは、これからの社会に必要な事業の種を迅速に探すことだ。正確な情報をリアルタイムに得ることができるビッグデータは、瞬時に変化するマクロな顧客ニーズを把握し、新規事業立ち上げ、経営戦略にいかすことができる。

野村総合研究所の鈴木良介氏は、新しい事業を構想する上で役立つ「データ流通」について講演した

セミナーの前半では、ビッグデータ研究の第一人者である野村総合研究所の鈴木良介氏が講演。テーマはビッグデータを活用し、新しい事業を構想する上で役立つ「データ流通」だ。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り73%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。