ついに図書館から紙が消える

ついに、紙の書籍のない図書館が生まれようとしている。電子リーダーを用い、ストックされた書籍データを読み取る。図書館が提供するのはシステムとスペースだ。

テキサスに電子図書館「ビブリオテック」

米国テキサス州サンアントニ オのベアカウンティに誕生 予定の、紙の書籍が一冊も ない図書館・ビブリオテック © Bexar County

電子書籍による公立図書館を企画したのは、アメリカ・テキサス州サンアントニオ、ベアカウンティ。同地で判事を務めるネルソン・ウォルフ氏らの発案にもとづき進められたプロジェクトだ。

図書館名は「ビブリオテック(BiblioTech)」。

完成予定は2013年の秋となっている。

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り66%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事9,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。