事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

京急電鉄とサムライインキュベート 共創に参加の10社を決定

月刊事業構想編集部(2020/6/4)

0
​ ​ ​

2020年6月2日、京急急行電鉄とサムライインキュベート(東京都港区)は、「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」第3期の参加企業10社を決定した。このプログラムは、スタートアップとのオープンイノベーションにより新規事業の創出を目指すもの。

京急グループは、リアルとテクノロジーの融合による新しい顧客体験を生み出すことを目的に、スタートアップとのオープンイノベーションを推進している(関連記事)。第3期は「沿線地域にこれまでにない新しい体験を付加するもの」と「既存事業領域をデジタル・テクノロジーでアップデートするもの」の2つの方向性と6つのテーマ領域で、2019年12月より事業共創提案の募集を開始。92社から応募があった。

新型コロナウイルスによる社会情勢を踏まえ、MaaSソリューションの開発、都市空間の様々な業務の自動化などを積極的に活用し、「with コロナ」、「after コロナ」時代の新たなモビリティとライフスタイルを生み出すイノベーションの創出を目指す。

第3期プログラムの参加企業は以下の通り。

・AIトラベル(法人向け出張予約・管理・分析可能なクラウド型サービスの開発提供)
・Elaly(人気家具ブランドの商品を月額500 円から利用できる定額利用サービス)
・COUNTERWORKS(リテール向けスペースのオンラインマーケットプレイスの企画・運営)
・Carstay(キャンピングカーを通した「移動」「宿泊」などを検索・予約・決済を提供)
・SEQSENSE(関連記事、自律移動型ロボットとその関連製品の開発製造)
・シナスタジア(XRエンターテイメントの提供、自動運転車におけるヒューマンマシンインタフェース開発)
・JX通信社(月刊事業構想2018年7月号参照、自然言語処理/機械学習等の技術で報道機関/一般消費者にニュース関連サービスを提供)
・scheme verge(月刊事業構想2020年5月号参照、MaaSを基盤とした旅程作成・予約アプリ、事前決済・簡易認証プラットフォーム開発)
・Mira Robotics(警備・清掃が可能な双腕ロボットおよびシステムの開発)
・Liberaware(狭小空間の点検・警備・計測を行う産業用小型ドローンIBIS の開発・提供)

KeikyuAcce2006.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中