事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

三菱地所 自律移動型ロボット開発ベンチャーに出資

月刊事業構想編集部(2018/6/18)

0
​ ​ ​

三菱地所は、自律移動型ロボットの開発企業SEQSENSE社が実施した第三者割当増資を引き受け、5億円を同社に出資したことを2018年6月15日に発表した。今回の増資には、既存株主であるTIS、ジャフコも参加している。

SEQSENSE社のロボットは、3Dレーザーセンサーを活用した自律走行が可能。周囲の空間を認識して立体地図を作成し、巡回のたびに環境の変化を自動的に検出できる。この機能により、正常な状態との違いや、何らかの異常を発見することにも使える。サーモセンサーや赤外線センサー、超音波センサーを備えるため、火災の原因となる発熱を検知したり、暗闇や死角となる場所の監視が可能だ。

三菱地所では、自社が所有あるいは管理しているオフィスビル、商業施設などにこのロボットを導入したり、外部に販売したりすることを目指していく。 

SEQUENSE_1.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる