事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

三井物産 シニア向け音声サービスベンチャーを設立 社内起業制度1号

月刊事業構想編集部(2018/7/19)

0
​ ​ ​

三井物産は、シニア世代向け音声サービス・アプリ事業を実施する企業ボイスタートを設立したと2018年7月18日に発表した。2017年に導入した社内企業制度の第1号案件となる。

ボイスタートは、音声AIスピーカーを活用し、シニア世代の生活を楽しく豊かにすることを理念としている。健康維持、娯楽、行動・活動支援のための音声サービス・アプリを提供し、サービス利用者の地域コミュニティへの参画を支援する。

同社の資本金は2250万円。三井物産のほか、AI・音声インターネットサービスを提供しているチェンジ、および事業プランを提案した三井物産社員も、制度の規定に基づきボイスタートに出資した。

Cyberspace.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる