事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

スマートアパレルのXenomaに 繊維専門商社の豊島が出資

月刊事業構想編集部(2018/5/16)

0
​ ​ ​

東大発ベンチャーXenoma(東京都大田区)は、第三者割当増資を実施し、繊維専門商社の豊島(名古屋市)の運営するCVCファンドから出資を受けた。2018年5月15日に発表した。両社は協力して、スマートアパレルの用途開発と事業開発を行う。

 Xenomaは、東京大学大学院工学系研究科の染谷隆夫教授の研究成果である布状電子回路基板(Printed Circuit Fabric;PCF)の製品化・事業化を目指すベンチャー企業。 PCFは、高い引張耐久性を持ち、洗濯可能であるという特徴がある。同社はPCFを利用した製品「e-skin」を開発、様々な生体情報や身体の動きをリアルタイムに測定できるようにした。

 豊島は、Xenomaとの連携により、スマートアパレルの様々な用途を開発し、プロトタイピングと機能検証を通じてアプリケーションやサービスの事業化を目指す。

xenoma.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる