「いきなり!ステーキ」がなぜ成功したか 事業の発想とシステム

ステーキの立ち食い。一見、非常識とも思えるスタイルの「いきなり! ステーキ」が注目を集めている。事業を展開するペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長は、業界の常識を突き破る発想で次々と新ビジネを展開し、ピンチをチャンスに変えてきた。

倒産の危機が生んだ新発想

ペッパーフードサービスの創業社長・一瀬邦夫氏は、母一人、子一人で育った。「病気がちだった母のために、小学生の頃から味噌汁やご飯を七輪で作ってきた経験が、私のコック人生の原点です」と話す。

一瀬 邦夫(ペッパーフードサービス 代表取締役)

全文を読むには有料プランへのご登録が必要です。

  • 記事本文残り90%

月刊「事業構想」購読会員登録で
全文読むことができます。
今すぐ無料トライアルに登録しよう!

初月無料トライアル!

  • 雑誌「月刊事業構想」を送料無料でお届け
  • バックナンバー含む、オリジナル記事15,000本以上が読み放題
  • フォーラム・セミナーなどイベントに優先的にご招待

※無料体験後は自動的に有料購読に移行します。無料期間内に解約しても解約金は発生しません。