事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

特許庁 登録意匠の世界データベースへ正式参加

月刊事業構想編集部(2017/12/07)

0
​ ​ ​
 

特許庁は、世界54の知財庁が有する登録意匠情報をワンストップで検索可能とする「DesignView」に参加することを、2017年12月4日、5日に開催された意匠五庁(ID5)第3回会合で発表した。これにより、1300万件以上にのぼる世界の登録意匠情報を、日本語で検索することが可能となる。また、世界各国のユーザーも、日本の登録意匠情報を36の言語で検索できるようになる。2018年12月からは、日本意匠分類を用いた検索サービスの開始も予定されている。

 

意匠五庁(ID5)は、日本国特許庁(JPO)、米国特許商標庁(USPTO)、欧州連合知的財産庁(EUIPO)、中国国家知識産権局(SIPO)、韓国特許庁(KIPO)による意匠分野の国際的な協力の枠組として、2015年に創設された。世界の8割以上の意匠登録出願を扱うID5が、相互理解を深め、国際的な協力関係を強化していくことを目的としている。

ID51712.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

最新情報をチェック。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら


会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる