事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

山梨県、東レ、東京電力HDほか グリーン水素生産の試運転を開始

月刊事業構想 編集部(2021/6/8)

1
​ ​ ​

山梨県と東レ、東京電力ホールディングス、東光高岳は、甲府市米倉山の電力貯蔵技術研究施設で共同で技術開発を進めてきた「H2-YES」プロジェクトにおけるP2G(パワー・ツー・ガス)システムの試運転を2021年6月7日に開始した。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として実施しているものだ。

同システムでは、再生可能エネルギーの電力でグリーン水素を製造する。具体的には、メガソーラー発電からの電力を使って、大型の固体高分子型水電解装置で水道水から水素を作り出し、水素吸蔵合金システムに水素を貯蔵していく。

試運転は2021年秋頃までの予定だ。水素の製造と貯蔵関する試験調整を行いつつ、山梨県内の工場やスーパーマーケットへ輸送、利用していく。段階的に水素の製造量を増加させ、年内には当初の計画である1時間あたり300立方メートル(標準状態において)、年間45万立方メートル(同)の水素を生産し、本格的な実証試験へと移行する計画。グリーン水素の生産と供給により、化石燃料の利用を減らすことが目標だ。

米倉山メガソーラー.png
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中