事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ルートレック あまおう栽培自動化へ 福岡市の実証実験支援に採択

月刊事業構想編集部(2019/10/31)

0
​ ​ ​

ルートレック・ネットワークス(神奈川県川崎市、月刊事業構想2018年9月号参照)は、2019年10月30日、自社のAI潅水施肥ロボット「ゼロアグリ」が福岡市の実証実験プロジェクトに採択されたと発表した。

福岡市と福岡地域戦略推進協議会(FDC)は「福岡市実証実験フルサポート事業」(月刊事業構想2019年9月号参照)を実施しており、今回ルートレックのシステムをそのアグリテック部門に採択した。福岡市の一五千試案者の若手部会であるストロベリーディスカッションクラブ(SDC)の一部が、ゼロアグリを導入する。実証実験を通じて、福岡県を代表するいちご品種「あまおう」の栽培を自動化し、栽培にかかる労力を減らすとともに、データやノウハウを蓄積し、栽培技術の伝承につなげる考えだ。

ルートレック1910.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる