事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ラングレス リアルテックファンドなどから1億円を資金調達

月刊事業構想編集部(2019/7/3)

0
​ ​ ​

2019年7月2日、リアルテックファンド(月刊事業構想2018年3月号参照)とMistletoeは、 総額1億円を、ラングレス(東京都墨田区、月刊事業構想2018年12月号参照)へ出資したことを発表した。

ラングレスは従来の毛を剃る、ゲルを塗るといった処理を無しに犬の心拍を取得し、感情をリアルタイムで読み取れる心音検知センサーを開発したベンチャー。動物との言語以外の新しいコミュニケーションを生み出し、広く浸透させていくことが目的としている。調達した資金を用いて、犬の心を5つの色で表す犬用ウェアラブルデバイス「INUPATHY (イヌパシー)」の、北米を中心とした海外展開を目指す。また、「Langualess LABO」を設立し、犬のみならず、猫や牛など哺乳類全般の心の状態を可視化・表現する研究開発体制を構築していく。

また今回の出資に合わせ、リアルテックファンドはラングレスの販売・マーケティング活動など経営面での支援を行なっていく。

ラングレス.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる