事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

IoT菜園を開発するプランティオ 総額1.5億円の資金調達を実施

月刊事業構想編集部(2019/6/28)

0
​ ​ ​

2019年6月27日、IoTプランターと専用アプリを提供するプランティオ(東京都渋谷区)が、ジェネシア・ベンチャーズ(東京都港区)をリード投資家とし、約1.5億円の資金調達を実施したことを発表した。

プランティオは、AIのナビゲートを受けながら野菜栽培を楽しむIoTプランター「PLANTIO HOME」や、プランター用に特化したAI「Crowd Farming System」を使用した菜園を開発している。これは、都市部の商業施設やオフィスの屋上をシェア型コミュニティIoTファームにするものだ。このIoTファームの収穫祭イベントを近隣の飲食店で開催するなど、農と食の体験を通じた人との関わりを生み出すことを目的としている。また、同社は今年度の「J-Startup」にも選定されている(関連記事)

今回引受先となったのはジェネシア・ベンチャーズ、東急不動産(月刊事業構想2018年3月号参照)、キャナルベンチャーズ、JA三井リース。今回の資金調達で、引受先の企業の資源を利用しつつ連携を進め、事業展開を加速させていく予定だ。

Plantio.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる