事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

出光興産・宇部興産・日揮 二酸化炭素固定化技術の開発研究会を設立

月刊事業構想編集部(2019/6/11)

0
​ ​ ​

2019年6月10日、出光興産、宇部興産、日揮は複数の大学の参画を得て、二酸化炭素に関する新技術を開発する産学協働の研究会「CCSU(Carbon dioxide Capture and Storage with Utilization)研究会」を設立したことを発表した。

CCSU研究会は地球温暖化対策として、国が二酸化炭素回収などの技術の開発を推進している流れを受け(関連記事)て設立された。低炭素社会の実現と気候変動対策や資源の確保を目的に、「カルシウム等を多く含む産業廃棄物を活用し、二酸化炭素と反応させて炭酸塩化および高付加価値化する」技術開発を行う。

3社の二酸化炭素削減に対する知見・技術開発力、そして参画する大学の研究力を合わせ、二酸化炭素を固定し、利用するための研究を進める予定だ。

eco_earth.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる