事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

大成建設、ソフトバンク 5Gを搭載した建設機械の連携に成功

月刊事業構想編集部(2019/6/6)

0
​ ​ ​

2019年6月5日、大成建設とソフトバンクは5Gを利用した遠隔操作と自動制御が可能な建設機械システム「T-iROBOシリーズ」が稼働したと発表した。自動運転と精細映像伝送が可能なことも実証した。

建設機械の自動運転の多くはwi-fiの無線通信システムで実行されているが、通信速度や容量の不足といった課題があった。しかし、5Gは高速・低遅延・大容量で安定しているため、遠隔地からリアルタイムでの現場状況の確認や、機械の制御・安全監視ができる。技術を持った作業者が1カ所から様々な現場の建機を操作することで、建設現場で働く作業員の削減も可能になる。

今回の実験では、ソフトバンクの可搬型設備「おでかけ5G」を三重県東員市の建設現場に設置し、建設機械を自動運転操作した。その際、機械に搭載したカメラ映像の伝送も確認した。実証実験では、従来のシステムより大音量の映像、データをスムーズに処理でき、更に広範囲での稼働、映像の伝送ができた。

2017年に総務省が開始した5G総合実証実験によって、大手企業が5Gの応用展開に取り組んでいる(月刊事業構想2019年4月号参照)。現在多くの企業が商業利用に向けて様々なアイデアを提案している。建設機械の遠隔操作もその1つだ。

ショベルカー.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる