事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

北海道倶知安町が宿泊税を導入 11月から

月刊事業構想編集部(2019/4/22)

0
​ ​ ​

総務省は2019年4月19日、北海道倶知安町の宿泊税新設に総務大臣が同意したことを発表した。条例施行は11月を予定している。倶知安町には、日本を代表するインバウンドリゾート地のニセコエリアがある。

課税の対象となるのは、倶知安町内の旅館、ホテル、簡易宿所、民泊。税率は宿泊料金の2%だ。収入見込み額は、初年度2億7300万円、以降は3億8000万円と見込む。税収は、倶知安町が世界的なリゾート地として発展していくための、観光振興施策などに用いる。

ニセコ.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる