事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

南紀白浜の顔認証実証にアドベンチャーワールドが参加

月刊事業構想編集部(2019/4/9)

0
​ ​ ​

アワーズ(大阪府松原市)が運営する和歌山県西牟婁郡白浜町のアドベンチャーワールドは、NECと南紀白浜エアポートなどが実施している顔認証システムを利用した観光案内や宿泊、決済の実証実験に参加することを、2019年4月8日に発表した。4月19日から、同システムを用いてチケット購入と入園が可能になる。

2019年1月に開始されたこの実証実験「IoTおもてなしサービス実証」は、南紀白浜空港到着時あるいは事前に自宅で、クレジット情報と顔情報を登録しておくと、ホテルのチェックインや土産物店での決済が「顔パス」で行えるというものだ。リゾート地の域内で、手ぶらでも便利な観光体験を提供することを目指している。アドベンチャーワールドでは、専用の入り口を準備し、顔認証で入園できるようにする。

beach_shirahama.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる