事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

サイバートラスト IoTセキュリティでセコム、大日本印刷から出資

月刊事業構想編集部(2018/9/25)

0
​ ​ ​

サイバートラスト(CTJ)は、2018年9月23日、セコムおよび大日本印刷(DNP)を引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。

CTJは、「MIRACLE LINUX」ブランドでエンタープライズLinux OSを通信事業や公共、金融事業などの分野に提供している企業。サーバー証明書を始めとする電子認証サービスを提供商用電子認証局としての歴史は古く、国内で最長の運用実績を持つ。IoTデバイス向けのOSにLinuxの採用が進んでいることや、IoTデバイス向けの認証基盤を提供していることから、新規事業としてIoT分野への進出を目指している。

DNPは今回の出資により、金融機関向けの自社認証サービスやIoTサービスなどに、CTJが提供する電子証明書による認証技術を利用して、よりセキュリティレベルの高いサービスや、新サービスの開発を目指す。また、セコムは、国際刑事警察機構に社員を派遣し、技術支援するなど、サイバー犯罪対策関連事業の強化を進めているところだ。

Cybersecurity.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる