事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ATR 研究成果の社会実装へ ログバーに出資

月刊事業構想編集部(2018/9/13)

0
​ ​ ​

国際電気通信基礎技術研究所(京都府相楽郡精華町)は、けいはんな学研都市ATRベンチャーNVCC投資事業有限責任組合(けいはんなATRファンド)を通じて、ログバー(月刊事業構想2017年4月号参照)に出資したと2018年9月12日に発表した。

ログバーが旅行者向けに開発したウエアラブル音声翻訳機「ili」には、ATR由来の音声認識・翻訳技術が活用されている。ATRは、自身の研究成果のさらなる普及に期待し、今回の出資を決めた。

けいはんなATRファンドは、ATRが有する技術シーズの事業化を目的に、日本ベンチャーキャピタルがて2015年2月に設立したファンド。産業革新機構、新生銀行、京都銀行など民間金融機関や、住友電気工業、KDDIなどが出資している。

AI.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる