2017年4月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

観光ビジネス参入

先行導入応募は3000社 ログバーの翻訳デバイス「ili」とは

吉田 卓郎(ログバー 代表取締役)

0
​ ​ ​

海外旅行の際や、訪日外国人への対応の際に課題の一つになっている言語の壁。このストレスを解消する世界初のウェアラブル翻訳デバイスがili(イリー)だ。日本のベンチャーが開発したこのデバイスに、世界各国3000社が関心を示している。

ログバーが開発したウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」

開発の契機は「旅先での不満」

海外旅行に行くと、多くの人が「もっと現地の言葉を話せれば...」と感じるのではないだろうか。外国語での会話に自信がない人にとっては、海外で自分の希望を正確に伝えることも簡単ではない。訪日外国人旅行客も右肩上がりで増え続け、2016年は推計で過去最高の2403万9000人(前年比21.7%増)に達した。これだけの数の外国人に対応するお店や宿泊施設にも、外国語での対応に慣れていないスタッフはいるだろう。

この外国人とのコミュニケーションのストレスを簡単に解消しうる、世界初のウェアラブル翻訳デバイスが「ili(以下イリー)」だ。開発したのは指輪型デバイス「RING」などで有名な、ハードウェアスタートアップのログバー。

残り81%

0
​ ​ ​

バックナンバー

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

メルマガの設定・解除はいつでも簡単

バックナンバー検索

売り切れ続出注目のバックナンバーはこちら


最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる