事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

H&Mがサステイナブルなコレクション「CONSCIOUS EXCLUSIVE」を披露

月刊事業構想編集部(2018/4/16)

0
​ ​ ​

スウェーデンに本社を置くアパレルブランド、H&M(ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社、東京都渋谷区)は、2018年4月12日(木)、1週間後に発売を控えた、サステイナブルでハイエンドなコレクションH&M CONSCIOUS EXCLUSIVE(コンシャス・エクスクルーシヴ)の発表イベントを、スウェーデン大使館大使公邸で開催した。

今年7回目を迎えるH&M CONSCIOUS EXCLUSIVEは、スウェーデンのアーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)からインスピレーションを受けたコレクションになっており、今年は日本とスウェーデンの間で外交関係を樹立してから150周年であることを背景に、スウェーデン大使公邸で開催されるはこびとなった。

イベントは、駐日スウェーデン大使マグヌス・ローバック氏とH&Mジャパン取締役代表ルーカス・セイファートによる歓迎の挨拶で幕を開け、冨永愛、宇野実彩子(AAA)、松島花、高橋愛(敬称略)をはじめとするタレント、モデル、プレス関係者、またH&M Clubのゲストが参加し、4月19日に予定しているコレクションのローンチを祝った。

H&Mはスウェーデンに本社を置き、「ファッションとクオリティを最良の価格でサステイナブルに提供する」をコンセプトに環境経営を展開。季刊『環境会議』2017年秋号では、国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)を軸に各企業の環境経営を特集。H&Mジャパンからは、同社CSRマネージャーのアンジェラ・マリー・オルティス氏が取材に応えている。

H&M180412_photo1.jpg

撮影に応じる、マグヌス・ローバック氏(駐日スウェーデン大使)、富永愛氏(ファッションモデル)、ルーカス・セイファート氏(H&Mジャパン取締役代表)(左から順に)

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる