環境省 脱炭素先行地域選定の結果を発表

環境省は、脱炭素先行地域の募集を2022年1月25日から2月21日まで実施し、その選定結果を2022年4月26日に発表した。計画提案は、共同提案を含め全国102の地方公共団体から79件の提出があった。

脱炭素先行地域では、2030年度までに民生部門(家庭部門と業務その他部門)の電力消費に伴うCO2排出実質ゼロを実現する。同時に、運輸部門や熱利用も含む、そのほかの温室効果ガス排出削減についても、国全体の2030年度目標と整合する形で、地域特性に応じて達成していく。

3月17日から6回にわたり評価委員会を開催し、その評価を踏まえて、環境省が26件の計画提案を第一回脱炭素先行地域として選定した。

選定地域は下記の通りだ。

・北海道石狩市
・北海道上士幌町
・北海道鹿追町
・宮城県東松島市
・秋田県
・秋田県大潟村
・埼玉県さいたま市
・神奈川県横浜市
・神奈川県川崎市
・新潟県佐渡市
・長野県松本市
・静岡県静岡市
・愛知県名古屋市
・滋賀県米原市
・大阪府堺市
・兵庫県姫路市
・兵庫県尼崎市
・兵庫県淡路市
・鳥取県米子市
・島根県邑南町
・岡山県真庭市
・岡山県西粟倉村
・高知県梼原町
・福岡県北九州市
・熊本県球磨村
・鹿児島県知名町

全文は無料会員登録後、ログインしてお読みいただけます。

  • 記事本文残り0%