事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

JEITA 埼玉県の技術活用支援事業にPMとして参画

月刊事業構想編集部(2020/7/21)

0
​ ​ ​

電子事業技術産業協会(以下JEITA、月刊事業構想2020年2月号参照)は、2020年7月20日、埼玉県と埼玉県産業振興公社が主体となって進める「埼玉県社会課題解決型オープンイノベーション支援事業」にプロジェクトマネジメントとして参画することを発表した。

同支援事業は、先端技術を積極的に社会実装することで、成長産業創出と社会課題解決の両方の達成を目指す、県の新たな事業。2020年度は、高齢化社会と新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」にフォーカスし、これからの社会や暮らしの充実を図るための3つのワーキンググループを展開する。JEITAは推進役として、埼玉県庁や埼玉県産業振興公社、各ワーキンググループとの連携の中心に立ち、事業全体を俯瞰的に見るとともに、各ワーキンググループの開発・実装に伴走していく。

また、広報業務も担当し、埼玉県内での実証実験に加え、JEITAが主催する総合展「CEATEC」や、埼玉県産業振興公社が主催する「彩の国ビジネスアリーナ」にも参画する。

大宮.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中