事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ローソン 富士通事業所内でレジなし実験店の運営を開始

月刊事業構想編集部(2020/2/19)

0
​ ​ ​

2020年2月18日、ローソンは、レジなし実験店「ローソン富士通新川崎TSレジレス店」の運営を開始することを発表した。

ローソンは、セルフレジの導入に加え、スマホ上にバーコードを表示して決済するサービスや、顧客のスマホがレジになる「ローソンスマホレジ」など、様々な決済手段を導入している(月刊事業構想2018年12月号参照)。

今回実験的に開設したレジなし店には、専用アプリに表示されたQRコードを店頭にある端末にかざして入店する。購入したい商品を手に持って店外に出ると、事前に登録した決済手段で自動決済されるというしくみだ。

実証実験は、富士通新川崎テクノロジースクエアに勤務する従業員専用の店舗で行う。システムや店舗オペレーション、防犯、物流、売り上げ、顧客の声などを検証し、今夏にも、一般の人が利用できる新たな店舗を増やすことを目指している。

Lawson_Fujitsu.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中