事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ウォータースタンド、給水器設置へ京都市と連携協定

月刊事業構想編集部(2020/1/20)

0
​ ​ ​

ウォータースタンド(さいたま市)は、2020年1月16日に京都市と「マイボトル等で利用できる給水スポットの拡大に関する連携協定」を締結した。

ウォータースタンドは、水道直結式のウォーターサーバーを貸し出す事業を全国で展開している。京都市と締結した協定に基づき、ペットボトルなど使い捨てプラスチック製品等の使用を抑制するため、市内公共・民間施設を問わず様々な施設へ水道直結式の給水機を設置し、マイボトルの更なる利用を促す。プラスチックによる海洋汚染防止ほか、ごみ減量・地球温暖化対策や生物多様性の保全等につなげることを目的とする。

締結式には、代表取締役社長の本多均氏(写真中央左)と京都市長の門川大作氏(写真中央右)らが参加し、脱プラスチックに向けた生活スタイルの転換を呼びかけた。

J200120_ph.JPG
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる