事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

Space BD 超小型衛星打ち上げ機会の提供サービス事業者に選定

月刊事業構想編集部(2019/12/5)

0
​ ​ ​

Space BD(東京都中央区、月刊事業構想2018年9月号)は、国立研究開発法人宇宙航空開発機構(JAXA)より、H-ⅡA/H3ロケットを用いた相乗り超小型衛星打ち上げ機会の提供事業者に選定され、基本協定を締結した。2019年12月4日に発表した。同事業において、民間唯一のサービス事業者となる。

Space BDは宇宙関連の様々な事業を展開している宇宙ベンチャー。これまで、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」からの衛星放出事業および、「きぼう」船外実験設備利用事業でもサービス事業者に選定され、合計17件の打ち上げサービスを受注している。

今回の選定により、Space BDは、「JAXA主衛星打上げ時の、相乗り枠の利用権」を民間事業者としては唯一保有することとなる。同社は今後、大型ロケットによる衛星打上げサービス事業を本格的に始動する。

宇宙開発.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる