事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

アスクル 産業保健支援サービス「first call」の全国展開を開始

月刊事業構想編集部(2019/11/21)

0
​ ​ ​

2019年11月20日、アスクル(東京都江東区)は産業保健支援サービス「first call」の全国展開を開始したことを発表した。「first call」はメドピアグループ(月刊事業構想2019年10月号参照)のMediplatが運営している。アスクルは2019年5月から「健康経営サービス事業」に参入し、都内23区を対象とした同サービスのテスト提供を行ってきた。反響が大きかったため、範囲を全国に広げ、本格的な提供を開始することとなった。

「first call」で提供しているサービスは「オンライン産業医」「オンライン医療相談」「ストレスチェック」。健康経営の支援拡大と人事労務担当者の業務効率化に貢献し、従業員の健康管理をワンストップで行うことができる。

アスクル_Firstcall.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる