事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

アマゾンジャパン 実店舗・ロッカーでの受け取りを開始へ

月刊事業構想編集部(2019/9/19)

0
​ ​ ​

アマゾンジャパンは、店舗や駅などで商品を受け取れる「Amazon Hub ロッカー」と、店舗での受け渡しサービス「Amazon Hub カウンター」を開設することを2019年9月18日に発表した。9月中にも、まずは数十カ所を東京と神奈川において開始し、2020年以降は日本全国に拡大する計画だ。

Amazon Hub ロッカーの設置を決めている企業は、ファミリーマート、小田急電鉄、神奈川県を中心にスーパーを運営する富士シティオ。Amazon Hub カウンターの設置企業は、ecbo(東京都渋谷区、月刊事業構想2018年4月号参照)と、リラクゼーションサロン運営のりらく(大阪市)だ。ecboは、荷物預かりサービス「ecbo cloak」の加盟店で宅配物を受け取れるようにする計画で、Amazonと業務提携した。

Amazon Hub ロッカーは、商品の購入者が指定した場所のスマートロッカーで商品を受け取るもの。商品の配達終了時に送信される「受け取り準備完了」の通知メールに記載された受取バーコードを、ロッカーのスキャナーでスキャンすると開錠される。保管期間は3日以内だ。

AmazonLocker.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる