事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

三菱地所と電通国際情報サービス FINOLABを法人化

月刊事業構想編集部(2019/7/12)

0
​ ​ ​

2019年7月11日、三菱地所と電通国際情報サービス(ISID)は、2016年2月から共同で運営をしてきたFINOLAB(月刊事業構想2018年12月号参照)を法人化し、「株式会社FINOLAB」を設立したことを発表した。

FINOLABはフィンテックのビジネスエコシステム構築を目的に設立された、インキュベーションスペース。日本の金融の中心地である東京・大手町に位置し、フィンテック・スタートアップにオフィススペースだけでなく、専門家による助言や、イベントを通じた出会いのきっかけなどを提供している。

今回の法人化は、国内の更なるフィンテック市場拡大を目指したもの。グローバル動向の中で遅れがちな日本のフィンテック市場の発展を加速させるべく、新規事業創出に取り組む。

FINOLABは今後、従来の運営の強化や、オンライン環境と施設を融合した事業創出基盤「FINOLAB SANDBOX」の構築などを予定している。また、フィンテック・スタートアップの最新サービスを導入し、評価することでサービスを世に送り出す起点となるための体制を整える。

FINOLAB Entrance.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる