事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ゴールドウイン、Spiber タンパク質新素材使用のスポーツウェアを発売

月刊事業構想編集部(2019/6/21)

0
​ ​ ​

2019年6月20日、ゴールドウインとSpiber(山形県鶴岡市、月刊事業構想2014年11月号参照)は、共同で開発した新たな構造タンパク質素材(ブリュード・プロテイン)を使用したウェアを「THE NORTH FACE」から2019年8月下旬に発売すると発表した。

2015年から両社は、枯渇資源に頼らないサスティナブルな社会をアパレル分野から目指して、共同で研究を進めていた。そのコラボレーションアイテムとして、更には課題へのメッセージも込めて、新素材を用いたスポーツウェアを今回発売することとなった。

Spiberはタンパク質を用いて生成する低コストな人工クモの糸を開発し、既存の化学製品と代替できるよう、産業化を目指している。ただ天然の糸を模倣するだけでなく、様々なニーズに合わせたタンパク質素材の開発も進めている。

Spiber-T1906.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる