事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

観光庁 観光ビジョン実現プログラムを決定 受け入れ環境整備を加速

月刊事業構想編集部(2019/6/17)

1
​ ​ ​

観光庁は、2019年6月14日、「観光ビジョン実現プログラム2019」を発表した。観光立国推進閣僚会議が同日、決定したもの。このプログラムは、2016年に決定された「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づき、1年ごとの行動計画として毎年、策定している。

内閣官房長官を議長とする観光戦略実行推進会議を2018年8月から2019年5月にかけて10回開催し、有識者の意見を集め、取りまとめた。2019年に重点的に取り組む内容として、まずは多言語対応や無料wifi、キャッシュレス化など、受け入れ環境の整備を挙げた。並行して、国立発物館・美術館の夜間開館や、寺や城での宿泊、スノーリゾートの再生などの新しい観光コンテンツの開発を進める。これらを実施した上で、日本政府観光局が観光地の整備に取り組む地域の魅力を海外に一元的に発信する。

さらに、出入国の円滑化も重要なテーマとして挙げた。顔認証システムを導入し、出入国手続きを迅速化したり、ビザの要件を戦略的に緩和する。日本へのアクセスを良くするため空港の発着回数を増やし、那覇空港では第2滑走路を新設するほか、地方空港と海外とをつなぐ直行便の就航を促進する計画だ。

inbound1712.jpg
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる