事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

東京都 自動運転プロジェクト2件を決定 都心と八丈島で

月刊事業構想編集部(2019/6/7)

0
​ ​ ​

東京都は、「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築」について、2019年度の支援事業2件を決定し、2019年6月6日に発表した。東京都が委託した事業プロモーターの日本工営が、自動運転技術とICT技術等を組み合わせたビジネスモデルプロジェクトを公募し、外部有識者による審査により支援プロジェクトを決めた。

2019年度の支援対象の1つ目は、日の丸自動車とZMP(月刊事業構想2017年9月号参照)による「空港リムジンバスと連携した都心部での自動運転タクシーサービス」。空港リムジンバスの拠点と、東京駅周辺を自動運転タクシーでつなぐ。スマートフォンなどで複数交通手段を一度に予約・決済できるシステムを導入し、効率的な配車サービスを行う。ドライバーが同乗したハイブリッド車を用いて、車線変更や右左折、停止などをすべてシステムが自動で操作する。

2つ目は、愛光観光(東京都八丈町)・NTT東日本・NTTデータ・群馬大学による「島しょ部観光MaaSの実現に向けた移動手段創出」。八丈島の八丈島空港と、既存の公共交通機関の間を自動運転バスでつなぎ、観光客の新しい足とする。来島観光者が島内の複数の交通手段による観光ルート情報を検索し、予約・決済を一度にできるサービスを提供する。緊急時のためドライバーが乗車したEVバスを、あらかじめ設定した限定ルートにおいて、自動で操作する予定だ。

EVバス_八丈島.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる