事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

文化庁メディア芸術祭 お台場で受賞作の展示を開始

月刊事業構想編集部(2019/6/3)

0
​ ​ ​

第22回文化庁メディア芸術祭受賞作品展が2019年6月1日から16日まで、東京・お台場の日本科学未来館などで開催されている。文化庁メディア芸術祭は、アート、エンタテイメント、アニメーション、マンガの4部門で最新の優れた作品を選び、その鑑賞の機会を一般に提供するもの。入場料は無料。

アート部門の大賞は、古舘健氏のサウンドインスタレーション「Pulses/Grains/Moire」が受賞した。エンターテイメント部門の大賞は「チコちゃんに叱られる!」、アニメーション部門の大賞はフランスBoris Labbe氏の「La Chute」、マンガ部門の大賞は韓国Boichi氏の「ORIGIN」が受賞した。ORIGINは、2048年の東京で、高性能のAIを搭載した人間そっくりのロボットが戦う舞台にしたアクションコミック。Boichi氏は「AIが人間と社会の中で生きていくために、何が必要なのかをゼロから考えてみたかった」と説明した。

メディア芸術祭19.jpg

Labbe氏、古舘氏、Boichi氏、功労賞受賞者の小池一子氏、チコちゃん

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる