事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

無人コンビニ600 シリーズAで1億円を資金調達

月刊事業構想編集部(2019/1/30)

0
​ ​ ​

キャッシュレス無人コンビニ「600」を提供する600(東京都中央区、月刊事業構想2019年1月号参照)は、朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、AGキャピタル、アプリコットベンチャーズなどから1億円を調達した。2019年1月29日に発表した。

「600」はコンビニの冷蔵棚のような外観で、内部の商品にはすべてRFIDタグが付けられている。冷蔵の飲料や菓子、弁当のほか、文房具や日用品なども陳列可能だ。専用端末にクレジットカードを通し、好きな商品を取り出すだけで、料金が自動決済される。2018年6月の正式展開以来7カ月強で、社員数20名~50名程のスタートアップ企業から、LINEやKDDIのような、社員数1000人以上の企業まで、様々な企業が導入した。設置契約数は50カ所を超えている。陳列される商品に柔軟性を持たせており、LINE@やSlackを通じ、社員から直接コンシェルジュが要望を受ける機能が好評で、累計商品販売数は2万個を突破した。

今回調達した資金は、無人コンビニの製造体制と物流網の強化に充てる。2019年中に500カ所の契約と、商品の累計販売数20万個を達成することを見込んでいる。

600_19Jan.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる