事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

全但バス、ヤマト運輸 高速バスで貨客混載 城崎の観光客向け

月刊事業構想編集部(2018/12/19)

1
​ ​ ​

全但バスとヤマト運輸は、2018年12月19日から、高速バスによる客貨混載を活用した手ぶら観光サービスを開始した。関西地域では初めて。ターゲットは、城崎温泉を訪問する訪日外国人観光客だ。

両社は2017年6月に、兵庫県豊岡市の神鍋地区で、路線バスで宅急便を輸送する貨客混載を開始している。今回の観光支援型貨客混載では、大阪―城崎間の高速バスで観光客の手荷物を当日配送する。利用者は、旅行の前にウェブサイトから申し込みをし、2次元コードの交付を受ける。これを使って、城崎温泉の旅館で、チェックアウト時に荷物を預ければ、当日中に大阪市内(北区・福島区)のホテルで荷物を受領できる。送り状を手書きする手間を省く効果も、二次元コードにはある。

城崎温泉.jpg
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる