事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

気象庁 大雪対策の効率化へ 降雪量の詳細データを提供

月刊事業構想編集部(2018/12/16)

0
​ ​ ​

気象庁は、2018年12月18日から、3、6、12、24、48、72時間降雪量の提供を始める。短時間や、長時間にわたる大雪の気象状況をより把握しやすくするためのものだ。

2018年2月に、北陸地方に短時間に大量の雪が降った際には、福井県が自衛隊に災害派遣を要請する事態になり、また車に閉じ込められた人が一酸化炭素中毒で亡くなるなどの被害が出た。12月18日以降、気象庁では、積雪計を設置しているアメダス地点における、それまでの3、6、12、24、48、72時間分の降雪の深さを積算した降雪量の統計値を提供する。同時に、地点ごとに観測開始までさかのぼり、観測史上1位の値なども算出し、豪雪災害を警戒しやすいようにする。

これまでは、規模が大きな気象災害が予測・発生した際の降水量・風などの集計に「雪」が入っていなかったが、雪の状況の集計も入れる。

snow.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる