事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

せとうちDMO 広島にヒルトンを誘致 開業は2022年

月刊事業構想編集部(2018/10/23)

0
​ ​ ​

瀬戸内ブランドコーポレーション(広島市)とヒルトンは、富士見町開発合同会社とヒルトンが、「ヒルトン広島」の運営受託契約を締結したと、2018年10月22日に発表した。ホテルの建設予定地は、広島市中心部の富士見町地区で、原爆ドームや広島市の繁華街が徒歩圏内にある。約6400平米の敷地に、客室約415室、最大約1300平米の会議施設、レストランやスパ、プールなども設け、2022年度の開業を目指す。

瀬戸内ブランドコーポレーションは、せとうちDMOの構成企業。広島市内に、国際会議の開催が可能になるスペースを持つホテルの開業を目指し、県有地などを活用する。ホテル建設に当たっては、瀬戸内観光パートナーズ(広島市)の管理運営する「せとうち観光活性化ファンド」を通じて、資金支援も予定している。

hiroshima.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる