事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ハレガケ、凸版印刷ほか 和歌山城を舞台にした謎解きゲームを制作

月刊事業構想編集部(2018/10/22)

0
​ ​ ​

ハレガケ(東京都豊島区)と凸版印刷は、和歌山城と和歌山公園で、和歌山市が主催して2018年10月20日から12月28日まで開催されるリアル謎解きゲーム「築城の影に隠された起死回生の秘策」を企画・制作したことを発表した。

このゲームは、1585年の和歌山に城を築城するため、謎解きをするというもの。スマートフォンアプリ「ストリートミュージアム」を使って、特定の場所でスマホを使うことで、謎解きに必要な手掛かりがVRやARで表示される。現存しない城郭などの史跡を、高精細のVRコンテンツで再現し、端末の位置情報と連動して表示させることで、その場所ならではの体験ができるという。

凸版印刷は文化・観光資産のコンテンツを350件以上制作しており(月刊事業構想2018年8月号参照)、2016年9月から、ストリートミュージアムを通じた体験型観光ソフトとしてVR和歌山城を公開していた。今回のイベントは、和歌山城天守閣の再建60周年を記念するものだ。

VR和歌山城.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中