事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

リアルテックファンド 電子部品の実装技術を持つベンチャーに投資

月刊事業構想編集部(2018/10/5)

0
​ ​ ​

ユーグレナインベストメント(東京都港区)は、リアルテックファンド(月刊事業構想2018年3月号参照)の投資先として、基板にダメージを与えずに部品を実装できる技術「IHスポットリフロー」を開発するワンダーフューチャーコーポレーション(WFC、横浜市)に出資したことを2018年10月4日に発表した。

WFCの技術「IHスポットリフロー」は、IH(電磁誘導)を応用した実装技術で、瞬時に、物理的なストレスなく部品を実装できる。これを使うと、熱ダメージに弱い紙や布、樹脂などを基材とすることが可能になり、新しいデバイス開発の可能性が開ける。

WFCは2013年4月に創業した企業。今回の出資で、リアルテックファンドはWFCが第三者割当増資により発行した株式を引き受ける。併せて、 WFCが採択された国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による2018年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」助成事業の認定VCとして、WFCの研究開発や販売・マーケティング活動をサポートする。

Cyberspace.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる