事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

セイノーHD 植物工場事業に進出 新鮮野菜を配送

月刊事業構想編集部(2018/10/3)

0
​ ​ ​

セイノーホールディングスは、植物工場事業に新規参入することを2018年10月2日に発表した。このため、植物工場事業を実施しているファームシップ(東京都中央区)と包括的業務提携契約を締結する。

輸送事業を実施するセイノーが、栽培から配達まで一括管理することで、消費者により新鮮な野菜を届けることを目指す。ファームシップは、セイノーアクセラレータープログラム2017のファイナリスト。自社の植物工場を運営するほか、パートナー企業と工場を立ち上げた実績もある(関連記事)。

新設する植物工場は、セイノー輸送グループの東海西濃運輸の新事業として立ち上げ、岐阜県内に2階建倉庫を建築し、その2階部分3960平方メートルを植物工場として利用する予定だ。事業のスタートは2019年6月を予定している。

seino_1810w.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中