事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ベンチャー2社が睡眠研究のためのラボを設立 連携先を募集

月刊事業構想編集部(2018/8/6)

0
​ ​ ​

ニューロスペース(東京都墨田区)とヒューマノーム研究所(山形県鶴岡市)は、共同で睡眠研究のための施設であるSleepTech Labを開設したと2018年8月3日に発表した。Lab長にはニューロスペース取締役最高技術責任者の佐藤牧人氏が就任する。

SleepTech Labには、人間の睡眠研究に必要な設備としてベッドやマットレス、各種の機器を備え付けた。ヒューマノーム研究所が保有する、人間に関するデータおよび解析技術と、ニューロスペースの保有する睡眠ビッグデータ、解析アルゴリズムなどを組み合わせて、睡眠と人間の行動の関連性を調べる。

また、同Labでの研究の取組に賛同し、人間の各種行動と睡眠の関連を研究したい企業の募集も始める。連携先の企業がデータを持っていれば、それを元に様々な行動(食事など)と睡眠の関係などをSleepTech Labで解析することができる。

ニューロスペースは、睡眠センシング技術や簡易評価アルゴリズムの開発、睡眠改善プログラムによる企業の健康経営の支援(関連記事)などを手掛ける企業。ヒューマノーム研究所は2017年10月に鶴岡市に設立された企業で、最先端のテクノロジーから生み出されるビッグデータを統合し、「人間とは何か」を追求することを目標としている。

Sleeptechlab.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる