事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

中小機構 中小企業のDX化を応援する新たな支援を開始

月刊事業構想 編集部(2021/6/10)

0
​ ​ ​

中小企業基盤整備機構(中小機構)は、中小企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)化の取組を支援する施策の一環として、2021年6月9日、「地域活性化パートナー」と連携し、「D2Cスタート講座」の開講と、「サブスクリプション挑戦企画」掲載商品の募集を実施することを発表した。コロナ禍による売上減少や、最近の消費行動の変化に対応した中小企業者の新たな販路開拓・事業展開を支援する。

「D2Cスタート講座」は、フラクタ(東京都渋谷区)など複数の地域活性化パートナーと連携し、ブランドと顧客が直接つながるビジネス「D2C」を構築するための講座。2021年7月16日より開講する。D2C事業に取り組む上で重要なポイントをテーマとした講座を9回実施し、前半の講座ではD2C事業のコンセプトづくりをゴールにブランディングやECサイトの運用について解説、後半の講座では事業計画策定をゴールに顧客体験の構築や顧客データの活用方法などを伝える。

「サブスクリプション挑戦企画」では、中小企業が無理なく月額制・定額制などのサブスクリプション型ビジネスを開催できるように、地域活性化パートナーのフィネクトパートナーズ(東京都港区)と連携し、ANAマイレージ会員向けのサブスク販売サイト「サブスクポート」への掲載商品を募集する。新しい販売手法やプロモーション力の向上、商品企画力の強化を図るため、地域活性化パートナーとの連携企画として掲載費用の優遇などの特典や、成功確率を高めるための事前アドバイスも実施する。

Cyberspace.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中