事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

家具のサブスク運営のsubsclife 約30億円の資金調達を実施

月刊事業構想 編集部(2020/9/15)

0
​ ​ ​

2020年9月14日、家具のサブスクリプションサービスを企画運営するsubsclife(東京都渋谷区)は、YJキャピタル、KDDIなどからの第三者割当投資と、金融機関からの融資により、約30億円の資金調達を実施したことを発表した。

subsclifeは、月額制で初期費用を大幅に軽減し、新品でデザイン制の高い家具・家電を利用できるサービスを提供している企業(月刊事業構想2018年11月号参照)。レンタルし続けても商品価値を超えない月額料金設定で、利用時の傷等の保証もついているため、安心して利用できる。家具を気に入ったら購入することも可能だ。同社は今回の資金調達により、「subsclife」のシェア拡大に向けた施策を加速させる考えだ。

引受先は以下の通り。

・YJキャピタル
・エニグモ
・ユナイテッド
・KDDI(KDDI Open Innovation Fund 3号:グローバル・ブレイン)
・ダブルシャープ・パートナーズ
・SMBCベンチャーキャピタル
・セゾン・ベンチャーズ
・三菱UFJキャピタル
・XTech Ventures(既存株主)
・サイバーエージェント・キャピタル(既存株主)

subsclife2009.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中