事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

広島県 サンドボックスで道路に関する実証プロジェクト決定

月刊事業構想編集部(2020/2/20)

0
​ ​ ​

2020年2月18日、広島県は、デジタルトランスフォーメーション推進の一環である実証実験の場「ひろしまサンドボックス」において、道路施設にフォーカスした実証プロジェクトを採択したことを発表した。3テーマ、8件のプロジェクトを県内のフィールドで開始する。

実証の対象となるテーマは、(1)法面崩落の予測、(2)除雪作業の支援、(3)路面状態の把握の3つ。プロジェクトに参加する組織は、荒谷建設コンサルタント、バスコ広島支店、広島市立大学など。

今後の予定では、3月中に契約を締結し、3月〜9月にかけ実証実験を行う。その後10月〜2021年3月をめどに、本格運用のための規模拡大に入る計画だ。

Hiroshima_norimen.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中