事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

畜産ITのファームノート 8.5億円を資金調達

月刊事業構想編集部(2019/12/18)

0
​ ​ ​

酪農・畜産向けIoTソリューション提供のファームノートホールディングス(北海道帯広市)は、8.5億円を資金調達したことを2019年12月17日に発表した。第三者割当増資を引き受けたのは、スパークス・グループを運営者とする未来創生2号ファンド、共立ホールディングス、マイナビ、SMBCベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル。

調達した資金は、人工知能(AI)開発による製品・サービスの機能拡充、体制強化、研究開発の推進と新規事業の立ち上げに充てる予定だ。

ファームノートホールディングスは同日、家畜の快適性と経済性を両立させ、人間と動物双方の利益最大化を目指す「アニマルライフケア」を普及させるため、子会社としてファームノートデーリィープラットフォームを設立したことも発表した。IoTソリューションの活用法とウシの遺伝改良や疾病予防、繁殖改善などの知見を収集するため、生産牧場を経営する。並行して、関連するコンサルティングサービスも実施する予定だ。

Sanbe_ranch.jpg

Photo by メルビル /wikipedia

0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる