事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

日本郵便 郵便局に導入するキャッシュレス決済手段を発表

月刊事業構想編集部(2019/10/28)

0
​ ​ ​

日本郵便は、2019年10月25日、郵便局の窓口で導入するキャッシュレス決済ブランドと導入局などを発表した。2020年2月3日から、郵便窓口でこれらの決済手段が使えるようになる。

導入する決済の種類は、クレジットカード、電子マネー、スマホ決済。クレジットカードは主要国際5ブランドのほか、銀聯も使えるようにした。電子マネーは交通系IC、iD、WAON、QUICPay+。スマホ決済も、ゆうちょ Payのほか、Amazon Pay、au PAY、d 払い、LINE Pay、メルペイ、Origami Pay、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、アリペイ(Alipay)、WeChat Payが利用可能になる。

キャッシュレス決済が使えるのは、郵便料金、ゆうパック、ゆうメールなどの運賃、切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く)の支払いと、カタログ・店頭商品などの物販の支払い。2020年2月にはまず65局で利用可能にし、5月には8500局での導入を計画している。

郵便局キャッシュレス決済19.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる